スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑惑疑念

さて、ギルドリー部更新です。
えらい時間になってしまいましたw。

さてさて、ベティーが逮捕されてしまいましたね。
どうなるのでしょうか・・・?
それでは、続きをどうぞ。



ベティー「もう、なにがなんだかわかりませんわ」
警護団の一室にてベティーがふてくされている。

アリス「ですから今申しました様に、今日学園長と接触があったのは
    あなただけなのです。それで、容疑者とは言いすぎでしたわ
    重要参考人として来て頂いた次第なのです。」

先ほどから何度もしている問答をアリスは根気強く続ける。

今日、学園長がなかなか帰宅しないのを不振に思った職員が学園長室をのぞくと
部屋の中は荒らされていて、部屋の真ん中で学園長が倒れていたということだ。
幸い命に別状は無かったものの、病院のベッドの上で治療を受けている。

それで、今日、学園長と接触があったものを見ると、ベティーの名前があったので
重要参考人として呼ばれることになった様である。

ベティー「で、そこですが、私は学園長室を出るときには教員のニョロと
     一緒に出てきましたわ。彼が証人になってくれるはずですの」

アリスはやれやれといった面持ちで
アリス「彼は昨日から宿舎にもどっていません。あなたのお話を信じるのでしたら
    彼にも話を聞くべきなのですが・・連絡がつかない上に
    足取りが全く追えていません。今捜索中なのです」

不思議に思ったベティーは
ベティー「ところで、もう一人の教員のホノノは?
     彼女に話を聞いてもらえれば、私が今日学園長に
     会ったのは偶然だと分かりますわ」

アリス「それなのですが・・・あの学園にホノノという教員はおりません。
    何かの間違いでは?」

  ・
  ・
  ・

ええ?ベティーの脳裏にホノノの顔が浮かぶ
そんなはずはない、確かに・・・ホノノはあそこの教師・・・

  ベティー「懐かしいですわね、あなたは今何を?」
  ホノノ 「学校で教師をしているの、子供相手はつかれるわ~」

教師というのは自分で・・・


でもでも、あの時・・・

  生徒「先生、遊んでちゃだめですよ~~」

  脇を通る生徒達に声をかけられる。

  ホノノ「ニョロもここの先生ですからね~。麦わらは変らなくても
      中身はしっかり成長してるわね」

ほら、先生と言われている。
でも、もし、生徒がニョロとホノノではなく、
ニョロに向けた台詞だとしたら・・・


学園長に話を通したのは?

  ニョロ「話は通してるんだよね。そしたら一人で入るようにと
      学園長からの依頼だから。」

ニョロだ。


どこにも、どこにもホノノがあの学園の教師と証明するものは無い・・・

でも、何故ホノノが?
また、それをこのアリスに言ったところで調べてもらえるかどうか。
どうするべきなのか?

ベティーが悩んでいる時に、部屋の扉がトントンと鳴った。

先ほどのルガディンが入ってくる
アリス「何なの?取調べ中よ」

グリフィン「それが・・面会希望がありまして」
いいにくそうにルガディンなアリスに伝える。

アリス「取調べが終わるまで待たせておきなさい」
アリスが厳しく突っぱねる。

グリフィン「それが・・少しこの件に関わることのようで・・・
      はっきりしないのですが・・」

大柄な割には低姿勢のルガディンがアリスに精一杯伝える。

アリス「何?関することって。」
少し耳をぴくっと動かしながら、アリスが尋ねる。

グリフィン「はい、その、ホノノという人物に関する情報の様です」

ガタッと椅子から立ち上がったのはベティーだった。

ベティー「どういう情報?ホノノはどこにいるの?」

グリフィンにくってかかるベティーをアリスは手で制した。

アリス「まぁまぁ。ここは私が話をきいてくるわ。
    あなたはこのままここにいなさい」



面会希望の控え室にいたのはこれまた冒険者風の一団だった。
ミコッテが2人、ヒューラン、エレゼン、ララフェルという組み合わせ。

アリス「面会希望というのはあなた方?
    リムサロミンサ警護団のアリスです」

??「あら、ベティーをお願いしたはずよ」

アリス「誠にもうしわけございません、ベティーさんには
    ただいま事情をお聞きしている所ですので
    どなたの面会もお断りしております。
    用件でしたら私が伺いますが?」

真っ先に口をひらいたミコッテにアリスは丁寧に対応した。

???「それなら、あなたがこの件の責任者ということで
    お話すればいいのですか?ホノノという人物のことを」

アリス「はい、私が承ります」

ヒューランにも変らない対応。まったく、大抵こういう時はたいしたこと無い
情報なのだ。
まったく冒険者同士のつながりの強さには頭が下がる。
少しでも仲間を救おうと動き出す。まぁ、組織の中にいる身としてはうらやましくもあるが。

アリス「どんな情報でしょうか?」

???「ホノノという人物についてですが、その顔はギルドの手配書で見ました。
    手配書の説明には暗殺を得意とする国際指名手配とか・・」


さて、今日はここまで、
ホノノの正体が徐々に・・・
あと、2つ位ですかね~~?

んでは、おやすみなさいませーー



つぶやき・・・
この前、KのXIVのケルさんと話をしていたら・・・
アイザックって"Issac"(若しくはIsaac)じゃね?って話になりました。
けるさんのブログを見ていただければ分かるとおり、けるさんは英語が堪能で
いらっしゃいます。

調べてみると、ニュートンさんもアシモフさんも"Issac"でした。
意外な事実にしばしぼーぜんw
完全にAizakと思ってましたww

ここで悩みどころです。
この名前はFF11の時の初代キャラの名前なので愛着があるのです。
このまま続けるべきか。いっそ14から心機一転Issacとすべきか
完全に別の名前にするのか。
(銃があったのでWolfwoodとかつけてみたいっす!)
まぁ、まだまだ始まりそうに無いのでゆっくり考えることにします。

名前で2時間くらい悩みそうなのでそのくらいは先に決めておこうと思ってますw
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ぎゃ~ホノノが~@@!!!!
どうなっちゃうの><

↑ 素直な感想です ↑

名前って難しいよね。スペルは日本語英語でも良いと思うけど。
外国の方も多いゲームだと気になるね><
「Ipapa」にしちゃうとかww

初めまして

なに!なにが起こってるの!?

ついこの間から、わくわく読ませて頂いてます(*^^)
初めまして。
続き、楽しみですー

名前ってむつかしいですよね
私も11の時、風鈴でfuhrinってつけたら
日本の方にも外国の方にも なんて読むの?って聞かれ続けました( ̄ω ̄;;

Re: 初めまして

初めましてです。
ようこそ、のんびりエオルゼアへw
いろんな方々からコメントいただけて嬉しい限りです。
これからも生暖かくみまもってくださいね。
よろしくです。

> なに!なにが起こってるの!?
> ついこの間から、わくわく読ませて頂いてます(*^^)
> 初めまして。
> 続き、楽しみですー
>
> 名前ってむつかしいですよね
> 私も11の時、風鈴でfuhrinってつけたら
> 日本の方にも外国の方にも なんて読むの?って聞かれ続けました( ̄ω ̄;;
プロフィール

Aizaks

Author:Aizaks
FF14プレイ日記?
ですがリアル業務が忙しくて時々しかでない体になってしまいました。
まぁ、のんびりお付き合いください。
Twitterやってるよ:Aizaksでよろしゅう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。