スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侵入

さて、最近特別企画が多くて進んでいないギルドリー部!
今週は反省の意味を込めて集中更新週間にします。
それでは早速第4話どうぞ!



とっぷりと暗くなり、辺りはしいん・・と静まり返っている。
満天の夜空には星ぼしが散りばめられ、
シミターのような三日月がのぼっている。
クラムはあと3日もすれば新月か・・・と
思いながら周辺の見回りに当たっている。

物音一つしない、するのはクラムの歩く音と装備同士が
当たって鳴る かちゃかちゃという音だけである。

館の正面から左に回り裏庭にでた。
と、庭の一部に草が生えていない部分があるのに気づいた。
近寄って確認すると、そこは硬くなっている。

そういえば、ここはチロルが練習していた所ではなかったか?
日々の修練で踏み固められてこうなったのである。
チロルの努力のあとを感じとったクラム。




そのとき、視界の隅に何かが横切った。
急ぎ視線を館の方に移し、暗闇に目を凝らすとそこには
異形の輩が宙に浮いて館を伺っている。

クラム「?なんだ?」

その異形は特に何をする訳でもなく、館の付近をふらふらと飛び回っている。
つい、とこちらを向いた。目があった・・。
いや、目があったとは正確な表現ではない。
貌の半分以上が目でできており、そこから直接手足と羽が生えている。

クラム「ア、アーリマン!」

魔物の尖兵・偵察として見かけるモンスターである。
こいつがここにいるという事は・・・

シャアアアアアアアアア!!
アーリマンがクラムに襲い掛かる!

クラム「ち、こい!!」

片手剣を構えて剣の切っ先でアーリマンを誘う。【剣の喝采】

かかってきてくれたのはラッキーだった!
魔法を覚えていないクラムにとって遠くから魔法でこられたら対処のしようがない。

目の下から牙だらけの口がギギギと開き、
大きな口がクラムに襲い掛かる。

ギイイイイン

剣で口による噛み付きを防ぎ【ランパート】、一気にたたみかける。
クラム「えええい!!」
ザシュッ!
一刀の元に斬り伏せる。

アーリマンの体液が辺りに飛び散った。

クラム「ふぅ・・。もう大丈夫か?ぐっ!!」
と、いきなり足元から炎が吹き出した!!

バサッバサッバサッ
もう一体が頭上から魔法を詠唱している。

クラム「ちっ、届かないか」
炎のダメージはそれほどでもない。が、このまま連発されたら流石に・・・

キラリ
月光を煌めかせてアーリマンの背中にジャベリンが突き刺さる!
その一撃でアーリマンは絶命し落下してきた。
ティナナ「大丈夫ですか?」
ティナナが駆け寄る。

小さなジャベリンの一撃しかもあの距離ででアーリマンを絶命とは・・・

クラム「ああ、大丈夫だ。それよりベティー達は・・・」

ドドーーーーン
屋敷の中から大きな音がした。
クラムとティナナは顔を見合わせて、音の方に走っていった。




館の中に2体のアーリマンが進入してきた。
異変を感じ、かけつけたベティーとチロルはその異形に恐怖を感じた。

ララフェルの2人を見たアーリマンは一気に襲い掛かる。

ふと、弟の様子を見たベティーは、その前に立ち、

ベティー「この私に向かってくるとはいい度胸ですわ!【ファイガ】」

大きな火柱がアーリマンを包みダメージを与える。が、アーリマンは止まらない。
ベティーと一緒にチロルも吹っ飛ばされた。

本棚にぶつかり、収めていた本がバラバラと2人に落ちてくる。

チロル「お、お姉ちゃん、大丈夫?」

心配そうな顔をするチロルに
ベティーは頭をポンと撫でながら優しい顔で

ベティー「大丈夫。お姉ちゃんが守ってあげるからね。」

きっ!とアーリマンを睨みつけて
ベティー「さぁ、来なさい怪物達!私はまだ戦えますわよ!【ウォタガ】Ⅱ」

大量の水がアーリマンに襲いかかる。
次の攻撃に移ろうとしていたアーリマンの一体が倒れた。

もう一体は?
ベティーの頭上から襲い掛かって来た。

クラム「危ない!!」

間一髪!クラムの剣が早かった。【カバー】

クラム「大丈夫か?」

ギギギギギギ
アーリマンの牙がクラムの剣に阻まれている。
口からはヨダレが垂れてきている。

攻撃を邪魔されたアーリマンは攻撃の矛先をクラムに移したが、
既にダメージを受けているアーリマンはクラムの相手ではなかった。
あっさりと斬り倒される事になった。



さてさて、一連の戦闘に今回判明したものを【 】で入れてみましたが
少しは参考になりますでしょうか?

ではまた第5話をお楽しみに~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

白熱してきた~☆

クラム強い~未知の強さを匂わせるティナナさんの活躍も気になります!

アーリマンを初めて見たときを思い出しました。
不気味で手強そうで怖かったなぁ~

Re: 白熱してきた~☆

最終回に片鱗が・・・お楽しみに

> クラム強い~未知の強さを匂わせるティナナさんの活躍も気になります!
>
> アーリマンを初めて見たときを思い出しました。
> 不気味で手強そうで怖かったなぁ~
プロフィール

Aizaks

Author:Aizaks
FF14プレイ日記?
ですがリアル業務が忙しくて時々しかでない体になってしまいました。
まぁ、のんびりお付き合いください。
Twitterやってるよ:Aizaksでよろしゅう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。