スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超番外編 ミスラ"ラミー”登場!

さっき、ギルドリー部第3話を更新したところですが
緊急企画!!
いろいろありまして、キーワードはカリカリ梅です。

ツイッターでフォローさせていただいている「月魄(つきしろ)」さんと
カリカリ梅談義からいろいろいろいろありまして、天気がいいのでお洗濯の話で
「ミスラがお洗濯」で「鳥の声爽やかだね」から「鳥がいたらえさじゃないの?」
って話をしてたら描いちゃいましたよこの人wΣ(゜д゜|||)

ホントにびっくりした。

またほんとにこのミスラがかわいくてかわいくて、感動ものでしたwイメージぴったり!
で、おもわずこれに関するショートストーリーを書いてよい?
と申し込んでしまったというわけです。

↓「月魄(つきしろ)」さんのサイトはこちら
TERRA PROMESSA
んでは、お目汚しですが、どうぞ。

登場人物
 ラミー:ミスラ 以上!
 ニース:金ポニヒュム 以上!
 みなさんの想像力をフルに働かせてくださいw



ここはウィンダス郊外
ウィンダスに住む人達の居住区である。

他の国に比べて穏やかな気質のこの国には
タルタル族やミスラ族が比較的多いが、
他の種族も生活している。

その他の種族、ヒュームの女性が目にも鮮やかな紅い服、
金髪に映える羽根付きの紅い帽子に身を包み居住区に向かっている。

居住区の中でも外れの木立がある一軒の家の前で立ち止まった。

コンコンと扉をたたく
???「ラミーーー、いるんでしょー?」

シーーーン・・・・・・

トントン・・
???「ラミーーーってばー。いるのはわかってんのよ、
    ここ開けてよ。」

シーーーン・・・・・・

ドンドン!!
???「コラーーー!ラミーーーー!!
    わざわざバスから来たってのに!
    とっとと起きろーー!!!」

シーーーン・・・・・・

???「そうね、わかったわ。
    このドアぶち破られても文句無いってことよね?
    いい覚悟だわ!【ファイ・・・」

※※※「にゃ~~~!待った待ったにゃ~!」

ドアから転げ出るようにでて来たミスラはまだパジャマ姿であった。

※※※「も~ニースは冗談が分からないから困るにゃ!
    日常生活のチョットしたスパイスにゃ」

ぶーたれるミスラに対して、ニースはにっこりとして、

ニース「ええ、確かに冗談ではないわね。ラミー、今何時かしら?」

ラミー「えーっと13時にゃ、それがどうかしたにゃ?」

頭を抱えるニース

ニース「今日の10時、私、エルディーム古墳。何か思い出さない?」

ラミー「う~~んと、え~~~と・・・あっ!Σ(・□・;)」
耳としっぽがピンと立ち、みるみる青くなっていく・・・

その顔を見てやっぱりね、と思いながら
ニース「はぁ、そうよ。
    あなたのクエストをやろうって言ってなかったっけ?」

ラミー「思い出したのにゃ~~、ごめんなさいですにゃ~」

涙目で謝るラミーに

ニース「まぁいいわ、それよりわざわざバスから来た友人に
    玄関先で帰らせるわけ?、中に入れて欲しいんだけど?」

ラミー「はわわ、気づかなかったにゃ。どーぞ中へ」

部屋の中は・・・なんとまあ雑然と・・・、
あの隅っこに丸まってるのは何だろうか?白のAFに見える、
あの棚の上に無造作に置かれているのは属性杖?

またもや頭を抱えながら
ニース「ラミー、片付けようよ・・手伝ったげるから。」

ラミー「 あ、助かるにゃ、片付けようと思ってたトコなのにゃ。」
しっぽをパタパタさせながら嬉しそうなラミー。

小一時間後・・・

ラミー「にゃ~~、やっぱり掃除すると気持ちいいにゃね」
エプロンをつけたラミーが気持ちよさそうに伸びをしている。

ニース「そうね。はい、これお洗濯物、これを干して終わりよ。」

木立の側にある物干しに洗濯物を干す。
木漏れ日の中、チュンチュンと小鳥の声が聞こえる。

ニース「あーー小鳥の声いいわねーつかれも吹っ飛ぶわ」

木の枝に見え隠れする小鳥を見ながら、ラミーも相槌をうつ

ラミー「ほんとにゃーー、あの声いいにゃー」

2人ともニコニコしながら
ニース「そうよね、ほんとに癒されるわー」
ラミー「そうよね、ほんとにおいしそうだにゃー」
  ・
  ・
  ・
ニース「え?」

小枝にとまっている小鳥が見えた2羽いる。
ニースは指を指して

ニース「あら、あそこにいるわ。きれいな色ね~」
ラミー「ほんとだにゃ、健康的な色でおいしそうにゃ~」
 ・
 ・
 ・
ニース「え?」
お洗濯ミスラ

この時、ニースはやっぱりミスラだなと実感したそうな。
見るとおなかがすいたのかそわそわして、今にもとびかかりそうな・・・

ニース「ラミー、ご、ご飯食べに行きましょうか。驕ったげる。」

捉え方は人それぞれというお話w



「月魄(つきしろ)」さんの超絶綺麗なイラストでこんなものを書いてしまいましたw
少しでもおもろいと思ってくれたら幸せです。

けっこう良いキャラだなwギルドリー部本編にも使えそうw
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは~、早速読みにきてしまいました(*'∇')

あわわわっ、あのイラストから
こんな素敵で楽しい物語が出来ちゃうなんて!
ありがとうございます~~~っ!!

今日は夜中なのでラミーさんのお話しか読めていないのですが
時間のあるときに色々な作品を読みにお邪魔しちゃいます(*´Д`*)

あ、あとブログのリンクはってもよろしいでしょうか~?

Re: No title

うひゃぁ、過大な評価ありがとうです。
リンク是非!こちらからもさせてください。
プロフィール

Aizaks

Author:Aizaks
FF14プレイ日記?
ですがリアル業務が忙しくて時々しかでない体になってしまいました。
まぁ、のんびりお付き合いください。
Twitterやってるよ:Aizaksでよろしゅう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。