スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょいと小休止中です。

いやーーー。
新情報でましたね!!

4Gamer.net

そして、はいっ!見事に外れました。
私の妄想物語!。

あのパレードの場所は「ウルダハ」でございましたぁーーーー。
どちくしょぉーーーーーー!!!!!(⊃д⊂)

まぁ、とはいえ、レオたちの物語は作者の都合のいいように進めますので、
よろしくおねがいします。

にしても、ひとつ気になることがあって、
スクリーンショットを見て見つけたんだけど・・・

れお?

この人、レオじゃないよねヽ(;´Д`)ノ
表情がここまで見えるFF14も凄いけど、
かっこ悪い!!!

スポンサーサイト

森の邂逅

ショートストーリー第2弾!
そろそろ、妄想が暴走してきております。
もう何がなんだかw
それでは、どうぞ。


さてさて、リムサロミンサに向かう一行。
レオの眼帯は外され、髪も茶色に染められている。
まだ慣れないのか、時おり左目の辺りに手をやっている。

そろそろグリダニアを抜けようとする所で事は起こった。
大きな岩を迂回するルートをとったのだが、その迂回した先で
奇妙な一段に出くわした。

全員が仮面をかぶっている。
いや、2人。正確には一人と一匹をのぞいては、だ。

仮面A「何者だ?旅行者ではあるまい。」

仮面をつけたルガディンの男が槍を構え問いかける。
既に弓を構えた数人に取り囲まれ、迂闊な動きもできない状態にある。

シーザー
「アラミゴの戦火を逃れて故郷のリムサロミンサに戻る所です。別に怪しいものではありません」

あらかじめ打ち合わせていたとおり、ここは人当たりのいいシーザーが応対する。

仮面A
「ふうむ?どうも怪しいな。この道は普通の人間が通る道では無いぞ。こんな所をわざわざ通るなんて連中は・・・」

仮面の男の背後から声がした。
仮面をかぶっていない少年からだ。

???
「いいじゃないか、ギルフォード。こまっている様子だし。」

風貌は色白の少年であり、ララフェルのそれとは少し違う様子だ。頭にはアクセサリーだろうか?角だろうか?何かが見え隠れする。

ギルフォード
「しかし、あからさまに怪しいですぞ、この連中は。」

???
「それを言えば、ギルフォードも急に森の中で出会えば十分怪しく見えるよ。まずはその装備の泥を落としたら?。」

周囲から笑い声がもれる。当のギルフォードはバツが悪そうにポリポリ頭をかいている。
確かに、仮面をかぶっている点では一致しているものの、装備に統一性がない。どこかの騎士団とかいう風体ではない。もっとも騎士団がこんな山奥にいるわけは無いのだが。

???
「すまなかったね、あんなことが起こった後で、みんなピリピリしている。アラミゴから逃げてきたのか、大変だったね。」

少年のような見た目と、大人びた口調の釣り合いが不自然ではない。不思議な雰囲気の少年である。

シーザー
「感謝します。もう逃げ出すだけで精一杯で、着のみ着のままなものですから。怪しい風体なのはご勘弁ください」

???
「いや、そこは問題無いんだけどね。ふむ・・・。そこの君。」

レオにつつと近づき、じっと顔を覗き込む。
近づかれたレオは半歩下がり少し顔をそむけるようにする。

???
「ふうん、なるほふどね。・・ふふ、大変だったね」

レオ「?何か?」

訝しげに尋ねるレオに対して

???
「いや、何でもないよ。がんばってね」

レオ「?」

まさかばれたのかと一同ヒヤリとした。
この人数でかかられてはもう諦めるしかなかったが、どうやらその様な様子ではないようだ。

???
「このモグが怖がらないんだ、君達はきっといい人たちなんだね。どうだろう?リムサロミンサまではまだ遠いからせめて国境付近まで送ってってあげようか?」

仮面をかぶっていない動物(”モグ”というらしい)がふわふわあたりをうろちょろしている。

シーザー
「いえ、お手間を取らせるわけにはいきません。行く先も決まっております故、問題なければ先を急がせて頂きたいのですが・・・。」

厄介なことになるのを恐れて、シーザーは丁重に断った。

???
「うん、そうだろうね。じゃあ、ぼくの名前は”レジエ”。落ち着いてグリダニアにくる事があったら、いつでも来てね。」

にこやかに返すレジエに対し、シーザーは「ええ、必ず」とだけ返し、その場を立ち去っていった。



ギルフォード「いいので?」
そっと耳打ちするギルフォードに

レジエ
「うん、大丈夫だと思うよ。特にあのヒューランの人はすぐに会うことになりそうだね。全く、大変な事を考えている様子だ。」


さて、ショートストーリーといいつつ、なんか普通に続いていきそうな気配がしております。
はあ~~( ???)。
リムサロミンサにたどり着けば、それぞれのキャラごとのストーリーを書きますよぅ。
しばしお待ちをw。

変装はほどほどに

少し早い夏休みですが、台風が来たりで大変ですね。

実家に例のキーボードを持ち帰って書き溜めようと思ったのですが・・・これが、書く隙が無いと来たもんだw。

で、ようやく一つ更新です。
しばらくはショートストーリーでいこうかと思っています。

それでは、ショートストーリー1
「変装はほどほどに」どうぞ


結局、先の事件でアラミゴを滅ぼすに至った重犯罪者として追われる事になった一行は、
とりあえず、ガレマールから遠いところへという至極単純な理由で、ウルダハからリムサロミンサに向かっていた。

一行が大きな木の根元で休憩していた時に発した
サキの一言が事のきっかけとなった。

サキ
「やっぱりここは変装しかないにゃ」

尻尾をふりふり楽しそうに言い出すサキにメイトが反応する。

メイト
「うん、言おう言おうと思ってたんだけど、やっぱりした方がいいよね。特にレオの眼帯!それは目立つよ」

いそいそとつけヒゲを嬉しそうに取り出すメイト。
レオにかと思いきや、自分に装着した。
童顔にヒゲはなんとも言えないバランスだが、もともと童顔の多い年配のララフェルにはあっても不思議のない顔である。

サキ
「でしょでしょ?、これは見つけてくださいと言わんばかりと思うのね。さっきもこれで見つかったし。ってことでレオ!なんとかするにゃ」

ビシィ!と指さす先にはバードのシチューを食べるレオがいた。
皿を下におき、う~~んと考え出す。

レオ
「どーしてもやらなきゃだめか?」

サキ
「うん、どーしても!」

レオがあたりを見回す。
モリスも、シーザーも声には出さないが同意のようだ。
はぁ、と諦めた様な口調で

レオ
「わかった、これを外せば良いんだな」

と、自ら外したその眼帯

(一同ワクワク+(0゚・∀・) +)

の下には、意外や意外、正常な目が現れた。

一同は驚く、当然その下にはなんらかの傷ついた部分があるものと思っていたからだ。

サキ
「ん~~?レオの右目って、何ともなってなかったんにゃね。なんで眼帯してたのお?」
無邪気に聞くサキに

レオ
「・・・カッコいいから。」

しーん・・・
余りの理由に一同が言葉を無くしていると、

レオ
「あ、あと、姉に見分けがつかないからあんたはコレをつけとくように!と言われたから。」

空気を察して、慌てた様に付け加えるレオだったが、余計に言葉を失う一同

サキ
「レオ・・・お姉さんいたんだ、それもそっくりの。家族の話とかしないからてっきり一人かと思ってたにゃ」


シーザー
「そうですね・・・っというか、お姉さんが危ないのでは?こう言う時は一族にまで捜査の手が伸びますよ?」

シーザーが心配そうに尋ねると。

レオ
「いや・・・あの人は大丈夫だ。今はどこにいるのかも分からないから。」

どこにいるのかも分からない姉の言いつけを律儀に守るレオが気の毒になり、そっと大盛りのシチューを差し出すバードがいた。

結局のところ、万全を来するために髪も染めてしまえと言うことになり、レオの変装は完了しましたとさ。

以上です。
あいぽんからの更新なので、
細かいところは帰ってから直します。
でわ、またお会いしましょう。
プロフィール

Aizaks

Author:Aizaks
FF14プレイ日記?
ですがリアル業務が忙しくて時々しかでない体になってしまいました。
まぁ、のんびりお付き合いください。
Twitterやってるよ:Aizaksでよろしゅう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。