スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光と影 (トレーラー動画からの、も~そ~してみよ~~う)

さて、今回は久々のFF色です。
以前のブログで書いた、自説「あの都市はアラミゴ?」説をもうちょい妄想で
肉付けしてしまいました。


アルデナード小大陸随一の軍事都市であるアラミゴの城塞都市・・・

今日は年に1度の都市設立記念の祭り。

町には人があふれかえり、

パレードでも各地から様々な珍しいものが車にのって町中の通りという通りを埋め尽くしている。

中でも、隣接する大国ガレマールからの友好の品として送られてきた巨大なモンスターの

姿が人目を引く。

魔道師に引き連れられたその巨大なモンスターは全身が灰色に覆われ、背にはコケだろうか緑に

覆われている。

まつり


巨大な口はなんでも飲み込んでしまいそうな恐ろしい姿では有るのだが、

全体としてみるとなにやらユーモラスにあふれる姿をしているため、パレードの人気者に

なっている。


「お花はいらないかニャ?せっかくのお祭りだから華やかにしたほうがいいよーー」

パレードの近くでは、ピンクの服を着たミコッテが飾り付け用の花を配っている。

ぴんくみこって


祭りは最高潮。パレードの山車の上ではヒューランとミコッテも楽しそうに踊っている・・・



パレードから程よく離れた静かな建物の中、ここからでもパレードが良く見える。
眼帯をしたヒューランの男性が、パレードを見ている。
窓のそばにはメガネをかけたエレゼンの男性とルガディン、ララフェルがいる。

「祭りは最高潮ですね。」
エレゼンの男性が言うと

「ああ、そうだな。あと、もう少しか・・。ようやくここまで来たな」
ヒューランの男性が答える。
その目にはパレードは映っていない。
数ヶ月前の記憶がよみがえる・・・



赤茶けた荒涼とした大地を、歩を進める一行。
ミコッテ「あ~つ~~い~~~。まだなのお レオ」
ピンク色の装備(?)を身に着けたミコッテが尻尾をぱたぱたさせながら文句を言っている。

レオ「もう少しだ。おそらく、この崖を下りた辺りだと思うんだが」
レオと呼ばれたヒューランは崖の下の方を指差しながら言った。
底に行き着くにはぐるっと迂回しなければならない。

げぇっといいそうになるミコッテにエレゼンが水筒を差し出す。
「はい、飲み物です。のどを潤しておいてください」
えれ

「ありがと!シーザー、やさしいね。それに引き換えあのレオは」
崖の下を見下ろしているレオにべぇっとする。

「・・・気をつけろ」
それまで黙っていたルガディンが低い声で警告する。

「なになに?何?バード」
ミコッテの尻尾がピンとなる

「バードがこういうときは決まって、「敵」、だろうね」
ララフェルが杖を構えている。

周囲を警戒しつつ、おのおのが武器を構える。
ぴんくみこって2


と、いち早くミコッテが気づき、崖の上を指差す。
「来るよ!!」

崖の上からコブランが大量に降って(?)来た!
「ぎにゃぁぁぁぁぁ!!」
あわてふためき、逃げようとするミコッテにコブランの触手がおそいかかる。
ぴんくみこって3

ガッ!

コブランの顔面(??)にバードの剣が突き刺さる。
さらにそのままぶぅんとふりまわし、地面にたたきつける。
るが

バード「大丈夫か?サキ」

サキ「ありがとう!たすかったにゃ」

バード「礼を言ってる場合か、さっさと片付けろ!」

レオとシーザーは剣をふるって、次々に襲い掛かってくるコブランを
打ち倒している。

ふと見るとコブランが3体、一気にララフェルに向かって突進していく
レオ「メイト、いけるか?」

ララフェルに声をかけたレオは、メイトが無言でうなづき呪文の詠唱を終えたのを見た。
と、中空に稲妻がきらめき。コブラン3体が一気に倒される。
メイト「サンダガⅡですよ!」

サキも両手にセスタスを装備し、最後のコブランを倒すところであった。

サキ「ええい!」

サキの拳がコブランにつきささり、そのまま動かなくなった。
最後の1体が倒されたのを確認して、レオは剣を収める。

レオ「不意に来たな、こいつら」

シーザー「まぁ、誰も怪我がなかったからよしとしま・・・」

ザッ!!

と、足元に矢が突き刺さる。
わらわらと獣人たちが現れ、周辺を完全に囲まれた。

サキ「レオぉ、これ、どうするのにゃ?」

レオ「さて、どうするか・・・」



導入は以上です。
まぁ、トレーラー動画を見た上での妄想なので、実際サービス始まって
「ちがうやないかい!」というのは全く受け付けませんので
よしなにw



キャラまとめ
  ヒューラン、男性:レオ
  エレゼン、男性:シーザー
  ミコッテ:サキ
  ララフェル、男性:メイト
  ルガディン:バード
スポンサーサイト

あいぽん4がやってきた。

さてさて、究極にこのブログに関係ない話題です。

6月24日にいよいよあいぽん4が発売になったわけでございます。
管理人は6月15日に近所のビックにて予約をおえ、無事24日にゲットできたわけです。

管理人「これ、予約してても厳しかったんでしょ?」
店員 「そうですね。予約が50人位いたんですが、半分の人には
    お待ちいただくことになりました」

半分も!!Σ(゜д゜|||)
まぁ、手続き自体は無事すんで、アクティベーションもお店でやってもらいました。



んで、家でそれまで使ってたあいぽん3GSのバックアップをそのまま、
4に移してしまえばいいだけの簡単なお仕事だったわけなのです・・・

が!!

前のあいぽん、GoodReader絡みのファイルがあいぽん内に残っていまして、
iOS4にした影響か?iTuneをVUした影響か?中身がGoodReaderから見れなくなってるわ
ファイル操作はできないわの状態になっておりました。

なので、これを消去しておかないと容量を無駄に食う!
と思ってまずこの消去作業からはじめました。

「Good Reader USB」というソフトで内部のファイルを消去しまして、バックアップ開始
ここは無事終了

んで、4を接続し、そのまま復元開始!!
iphone1

調子よく進んでいると・・・
あれ?
iphone2

んーーー???
結局このままでは、iTuneの同期もできなくなったので、GoodReader内データを消す前のバックアップ
から復元!こっちは完了!
んで、先ほどのGoodReader USBであいぽん4内のファイルを削除
そして、同期・・・・・・同期・・・・・・
iphone2
(さっきの画像の使いまわしですが、症状は同じです)

ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーー(⊃д⊂)
はぁ、もうどのバックアップファイルがどれかもわかんないよ、ママン。
どうしようか・・・

考え中
この中で重要なファイルは・・・
 1st Line
  予定帳のファイル
  EVERNOTEのデータ
  連絡先

 2nd Line
  旅行先データ
  日記データ
  写真データ
  有料iphoneソフト

・・・よし!まっさらではじめよう!
データはなんとか前のあいぽんからぶっこ抜いてやってしまおう。
と、いうことで・・・
なんとか、無事あいぽん4様が使えることになりましたとさ。



なんやかやで、購入後全然PCを起動できなかったので、
記事を書くのが遅くなったのですが、
3日間仕事とかで使った感想をば・・・

・とにかく液晶がキレイ!
  誰でも知ってることでしょうが、4は液晶が格段にきれいになっております。
  しかし、生かせるアプリがまだ無いとかどっかの記事に載ってましたが、
  そんなことはございません。
  仕事柄ガンガン予定が入ってくるので、一覧性を高めるために文字を小さく
  表示するようにしていたのですが・・・
  4にして、文字がクッキリ鮮やかに見えます!!

・いっこいっこの速度が速い
  これは、まえの3GSからの移行で、かわるがわるいじった成果なのですが、
  格段に処理が早くなってますね!

・バッテリーの持ちがイイ!
  減りが遅いですね。さすがです!

ま、今のところ、こんなところでしょうかw
はっきり行って、性能を充分引き出していないですwwwwww

しかし、大きさも数ミリですが、スリムになって細い!という印象があります。
好みの問題ですが、管理人としてはさらに好みになりました。

ただ、難を言えば、出たばっかりなのでかっこいいケースが無い!!
ということですね。
シリコンか、なんか変につるつるのカバーしかでてませんわ。
これはじっと出るまで我慢の子で待つしかないですかね。
きっと、「SHILD」がかっこいいのを出してくれるに違いない!と
信じて今日は終了です。
何か面白いものがあったら、また書くかもしれません。
でわっ!

β始まるまでナイトってどこまで上げられるんだろう?

いきなりの思いつきで、

「そうだ、ナイトをあげよう」

スタートさせましたw

まぁ、先代のキャラではもともとナイトをやってたので、
久々にやってみたいなーーと思ったのがきっかけでもあります。

まぁ、1日何時間もできるわけではないので、ほとんどソロになるでしょうし、
どこまで上げられるかは疑問ですが・・・w

βにあたるなり、FF14が始まるなり、仕事が忙しくなったりした場合はそっち優先です。

まずはナイトジョブ取得からです。どうぞ!!




とはいえ、忘れてるなぁ。
電撃本を引っ張り出して調べつつ・・・
まずは南サンドでクエですよ。
なになに、反魂樹・・ね
knight1
だよねーーー。
これは結局グスゲンに行って犬を狩りまくりました。
結構狩ったのですが、でなくてねーー。
思わず心が折れかけたところにポンっとでてきました。
やふーーーヽ(`Д´)ノ

んで、次は
鍾乳洞ですか。
またまた。
knight2
ですよねーーーー。

んで、
knight3
完全に剣かんけーなかったですなwwwwww

しかし、改めて思うのですが、これって、クエ受けただけじゃ
どうやってクリアするものか分からないよね。
まぁ、MMOなら人に聞けばいいんだろうけど、
これを誰にも聞かずにクリアした人がいるのなら、マジで尊敬します!!

と、いうことで、無事騎士見習いになれましたとさ。
次は正式な騎士になるべく、ダボイに特攻だ!!

ってとこで、今日のはおしまいにします。
みなさまおやすみなさいませ。

E3 大興奮!

E3でFF14のトレーラー動画公開されましたね!!
今までのもの+新要素盛りだくさんで、大興奮ですよ。

んで、他の情報サイトさんとかでも、散々されてるでしょうが、
動画について検証してみたいと思います。

検証スタッフは以下の2名+α
 ●あんた
 ●クロ

では、どうぞ!!



あんた「いやーーー、新しい動画が更新されましたね!クロさん。」
クロ 「そうだねー。今回は3分弱のだったけど、見ごたえ充分だったわね。
    なかなかやるじゃない」
あんた「まぁ、このサイトの管理人さんも色々と大興奮だったようで。」
クロ 「ああ、あいつね。どうせ、一箇所でしょ?あいつが興奮する場所って」
あんた「ん?なんのことですか?クロさん。とりあえず、進めますよ。
    今回は我々が動画を見て思ったことやら何やらを話していこうとおもいます。
    パチパチパチーー」

あんた「さて、まずはこのシーン」
umi

クロ 「一番最初のシーンね。これはあたしたちの拠点リムサロミンサでしょ。
    にしても海風が感じられるようなグラフィックだったわねぇ」

あんた「そうですねぇ。最初のシーンだけでどきどきしてしまいますねぇ」
mori

あんた「続いてはこちら」
クロ 「あら、森ね。ってことはグリダニアかしら。
    そういえば、ここでリーフと出会ったのよねぇ。
    まさか、こんな風だったとは・・・作者の貧弱な表現力がばれるわね」
あんた「なんのことですか?続いていきますよ。」
do-mo

クロ 「あら?これ、FF11にもいなかった?」
あんた「そうそう、他にもオートマトンみたいなのも出てました。なつかしいですねぇ。
    でも、このあと、これが暴れだしてしまうんですよ。」
クロ 「どういうこと?」
あんた「何故かはわかりませんが、大暴れで、街中の人たちが逃げ惑う姿が・・・
    なんか、FF11のオープニングを彷彿とさせられました。
    ひょっとして、このシーンは陥落した都市のアラミゴじゃ、ないでしょうか?」
クロ 「はいはい、妄想はその辺でwいずれ明らかになるんだから。次はこれね」
odori

あんた「楽しそうに踊っていますね。これだけ滑らかな動きができるモーションが
    有るということですね。
    これはヴァナの芸人さん達も踊りがいがあるでしょうね。」
クロ 「あたしも踊ってみようかな・・・」
あんた「是非おどってもらいましょう(棒読み)次はこちらですね。」
jyuujin
クロ 「あら?うって変わって緊張感みなぎってるわね。」
あんた「周りにいるのは獣人ですが、獣人に捕まった風でもないですね。どういうことでしょ?」
ティナナ「解説します。この後の動画で、この一団と獣人たちは協力体制にあるようです、
     あ、この下の画像ですね。裏で何者かが暗躍してる事を感じさせるシーンですね。」
gisiki

gisiki2
ティナナ「以前から出ている画像ですが、獣人の神を呼び出している様子が描かれています。
     それにしても、獣人の神は醜いですね・・・キラーン!・・・」
あんた「(やばい!)はいっ!ティナナさん、解説ありがとうございました!!
    さーて次はみなさんおまちかね。プレイヤーキャラかNPCかどうか
    分かりませんが、キャラの紹介ですーー。」
huran
ere
rara
あんた「青空の下、爽やかですねーーヒューランのショートの子もなかなか・・・」
クロ 「はいはい、私はやっぱララフェルだね、ちっちゃくてかわいい」
あんた「エレゼンの弓もいいですね。これ、動画だとしっかり効果音出るんですよ」
hurano
クロ 「おや、これもヒューランだね。シーンからすると、さっきの獣人たちと一緒に
   いた一団の人間みたいだけど?」
あんた「うむ、誰とは言わないが、このヒューラン萌えがいてね。敬意を表して載っけてみたw」
クロ 「でも、さっきの獣人と一緒にいたって事は・・・」
あんた「それ以上は言っちゃダメだ!!」


あんた「さて、次はっと・・・」
mikotte
mikotte2
mikotte3

あんた「・・・・・・・・・・・」
クロ 「あんた?」
あんた「・・・・・・・・・・・・・・・」
クロ 「あんた?どうしたの?」
ベティー「フリーズしたみたいですわね。まったくε=(~Д~;)」
クロ 「あれ、ベティーどうしたの?」
ベティー「そろそろ出番かと思って待機してましたの。
     案の定ここで止まりましたわね。上の2人は多分NPCですわね。
     それも、何かのイベントに関わるような。
     ま、それはさておき、ここの管理人はこのピンクミコッテに
     完全にマイッチャッテルミタイデスワヨ。やれやれ。」
クロ 「やれやれですわねw」

あんた「・・・・・・はっΣ(゜д゜|||)、な、何か言った?、あれ?ベティーいつの間に」

クロ、ベティー「やれやれですわ」

あんた「さ、気を取り直して」
mogu
クロ 「あら?モグハウスはないって聞いてたのにモーグリはいるのね?」
あんた「そのようです、しかも、この周りの連中・・・何かの組織ですねおそらく」
クロ 「なにやら、いろんな勢力が入り乱れてるようね。あたしたちも気をつけないと」
あんた「そうですね」


あんた「さて、これで写真は以上です。
    時系列も無視して。管理人の好きなところを抜き出し好き勝手かいてしまいました
    ことを関係各所にお詫びいたします。」
クロ 「また、司会が途中異次元に飛んでしまったことも重ねてお詫びいたしますw」
あんた「動画の最後に”まもなくβテストが新フェーズに突入予定”とありましたね。
    管理人は当然当たってないのですが、こういうのを見るとワクワクしますね」
クラム「管理人はベンチマークも散々だったらしいぞ。だからPCでのプレイは
    あきらめたようなあきらめてないような、だそうだ。」
あんた「そらそうか、当たっても肝心のPCがないとだめだもんな。
    ここはPS3のβが早々に当たるようにギルドリー部一同でお祈りしておきましょう」
クラム「そうだな」

あんた、それでは、「E3 大興奮!」はこの辺で終わらせていただきます。
それでは皆様。さようなら~~~。


テキトーに書いたうえに勝手な妄想ですw
ギルドリー部は近日公開予定です。
お楽しみに~~。
プロフィール

Aizaks

Author:Aizaks
FF14プレイ日記?
ですがリアル業務が忙しくて時々しかでない体になってしまいました。
まぁ、のんびりお付き合いください。
Twitterやってるよ:Aizaksでよろしゅう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。